「たまにはシンプルなお菓子に触れてみよう」

「たまにはシンプルなお菓子に触れてみよう」

「たまにはシンプルなお菓子に触れてみよう」

今日はおやつに板チョコを食べました。昨日スーパーで安く売っていたので、久しぶりに購入したのですが、シンプルなお菓子というのはたまに食べるともの凄くおいしく感じるので不思議です。
 アイスもクッキーもピーナッツも入っていないシンプルなチョコレートそのものの味わいというのは、思い返してみると長らく味わっていないことにも気づきました。最近のお菓子は何かと何かを組み合わせたハイブリッドなものが多く、新しい食感や味、経費を考慮してのことだと思いますが、シンプルな味で勝負するお菓子は老舗のお菓子以外ではほとんど見かけません。
 見かけることが少ないということは購入されることも少なく、純粋なチョコやクッキーの味に触れていない人は意外と多いのではないかと思います。知っていたとしても、プレーンと書かれた味のお菓子を味気ないと思って避けている人も多いかもしれません。
 しかし、私は敢えてシンプルなものにも時折触れることが大切だと思います。味気ないと思ったとしても、普段の様々な味はプレーンという土台のもとに成り立っていることを実際に食べて味わって欲しいのです。
 様々なバリエーションのお菓子が売られている昨今ですが、最初に登場したフレーバーが絶滅して、別のフレーバーがプレーンの役どころについているという例もあります。あまりにプレーンを甘く見ていると、ロングセラーだとしても味だけ個別に消えるかもしれないのでたまには食べてあげましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ